劇場版 艦隊これくしょん -艦これ- 感想!

この思いを波に乗せて

完全新作劇場用アニメーション

 ということでTVシリーズを経ての完全新作劇場版である「劇場版 艦隊これくしょん -艦これ-」見に行ってきました。TVシリーズ1期の時には劇場版+2期シリーズという触れ込みだけれども劇場版の方が先になってしまいましたね?でもラストに2期目への告知存在しなかったけれども結果として2期はどうなるのだろう?

 物語としてはTVシリーズ1期の完全なる続編となっているが、1期のことは本編では語られていないパンフレットで触れているのみになっているので1期シリーズを見ておかないとついていけない仕様にはなっているかな?新艦娘も登場して入るので微戦力増強しながら南方へ戦線拡大した形にはなっている。

 本編で主に語られるのは吹雪・睦月、如月を中心とした、艦娘と深海棲艦の関係性が中心の展開となっていて夜戦を中心とした戦闘シーンにプラスしてその話題が展開される形となっている。艦娘と深海棲艦の関係性はTVシリーズでちょい触れしたぐらいではあったので歩なんと艦娘がなぜ戦うのかという物語そのもの意識を出した作品となっているように感じられるところではあるかなと思う。

 夜戦シーンはTVシリーズではそこまで大々的にやらなかったところではあるし、劇場版だからこそより繊細に映し出すことのできるからこそ中心的な戦闘シーンとしてえらわれたのではないのだろうか?CG中心で展開されていた海上の戦闘シーンは、この劇場版においては手書きの割合がかなりを占めていたように思う。CGと分かるシーンもかなり少なかったように感じられるところではあるし…。と言いつつもCGをごまかしやすいように夜戦が選ばれたように感じられるかな?人型のCGは不得手としてる感じの所をフォローする為に夜戦にしてごまかした感じ。だからかCGも波間も一瞬の切り替えのシーンぐらいしかそれを感じ取れないものにはなっていたように感じられるところではあった。
 手書き中心となったからか劇場版というところだからかは分からないが夜戦のシーンも妖精さんたちによる戦闘も力の入ったものになっていていた。

 今回TVシリーズに登場した艦娘はほぼ全員がセリフの有無はあるけれども登場する形。TVでは出られなかった人も登場してるがほぼ全員を南方に出しているのに提督は地味に北方戦線に出ているらしい。となるとこの艦娘たち以外にも他の艦隊を提督は所持していることになるわけで…そう考えると提督は結構な地位にいるのかそれとも分裂しているのか提督に関する情報が出てくると謎が深まるばかりである。今回の最終作戦にはほぼ全員を派遣している訳だしもしもの時どうするんだろうと思ってしまったり。後艦娘と深海棲艦について提督把握しているのだろうかとか?加賀さんが復活してきた存在ならばどこで手に入れたのかとか?考えるときり無くなるけど。

 吹雪・睦月、如月の3人にげこと劇場版においては辛い運命を背負わせ過ぎなところも感じられるわけではあるけれども、やはり艦娘全体にそれを広げると収拾できなくなるというところも出てくるからではあるのだろうか?如月が戻ってきたことによって戦いの終着地点は見えたけれども、艦娘が艦娘として帰ってくるにはまだ謎めいたものが多いが希望は持てる形にはなるのかな?

 しかしながら吹雪を特別な艦にしすぎなような感じもするところではある。それこそ「希望」の艦としてはいいけれども、艦娘としての存在と深海棲艦としての存在に分かれていたりしてそこが特別さでもあるのだろうけれども…。提督がそんな奇跡の損z内というべき吹雪をどうやって見出したのか作り出したのか・・・。もしかしてラスボスは提督なんじゃないかと思えさえするところではあったりして?

 ある種「希望」を見出すための作品ではあったのかもしれない。艦娘は艦娘として戻ってくることが出来る。総ての深海棲艦を潰せばこの戦いは終わる終わらせることが出来る。そんな夢とも希望ともつかない話が現実にあるものとして出てくる。終着駅を見えることによってこの作品が負の方向に向かっている作品では二ことを希望に向かっている作品であることを出していくそんな作品としての側面が強く出たように感じるところではある。

 劇場版らしさを出しつつTVシリーズを踏まえたステップアップの作品として作られていたように感じられる作品ではあったように思う。これらを踏まえての次なるシリーズ展開はどのような物語が展開提示されるのだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示