ハイキュー!!  56話 「こだわり」 感想!

攻めの境地

つっきーここで離脱か。

 主将大地の離脱時もそうだけれども鳥野ってここ一番の時に離脱をしてしまう名ぁ。選手層はまだまだ厚くはないからこそ要の離脱というかたった一人の離脱でも相当の痛手を負ってしまうのがいたすぎる。ここで蛍の離脱がブロックの消失を意味しているからどうなってしまうのか。

 ずっと白鳥沢にプレッシャとストレスを与えてきた存在なだけにその要因がいなくなることは白鳥沢優性に働いてしまうことは確かだろうけれども、帰ってきた時には勝負がついていることがうれしい方向に自分が托したものが間違っていなかったと実感できるものになっていってほしいところだ。

 ここからが正念場。どちらも終盤を迎えて最後の力を出しての攻防戦。今まで目指してきたものが見えるかもしれない頂上決戦。その先の景色はどんな色なんだろうか?

 次回 「嫌な男」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示