ガーリッシュ ナンバー 5話 「ちょけった千歳とぼこぼこ評価」 感想!

覆すもの覆せないもの

全ては中心にいるものが悪い。

 覆ったのは自分自身への評価、覆られないのはアニメへの評価。ある種辿りつくところにたどり着いてしまったそれが運命が導いたというよりは自分自身が招いたものでもある。結果として落ち着くところに落ち着いたところだけれどもそれらへのヘイトが解消に向かうことはあるのだろうか?

 そういった意味では今回Pの独断と偏見が総てを悪い方向へと導いたとおいうのは確かだろう。どうすることのできないもどかしさというべきだろうか?この行き場のない怒りをどうしていくのだろう?ある種綺麗に終えられる事のない物語が提示されたようにも感じるところ。永遠に繰り返される開けることのない物語のような…。そこには何が残るんだろうな。

 千歳や九頭に対する気持ちややり場のないものは提示され続けるのみであってそれを解消される手段はまだ提示されていない。誰の視点で誰がこの物語を綴るのかある種誰にもわからないかも。

 次回 「浜辺の千歳と通らぬ予算」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示