3月のライオン 4話 「ひな/ブイエス」 感想!

ほのかに苦いくて忘れない味

それは永遠に残る思いで

 零ではなく晴信が川本家を侵食していくことになろうとはな。地味に「主人公気質」というのは零ではなくて晴信の方にあるのかもしれない。そうすることによって地味になりがちな零の主人公分を補っているのだと思うし話を引っ張らせているのだと感じるところではあるかな?

 ひなたの初恋?初恋は実らないと言いつつもひなたの今回の恋は初恋だったのだろうか?ちょっと違うような感じもするところではあるけれども忘れられない思い出となったことだけは確かだろうし、小さいころから一緒だからこその思いも人一倍持っているのだろうと思う。だからこそこの恋はひなたにとっての一つの始まりだと思う。

 晴信の守備範囲というか攻撃範囲広いな。本人にその気がないというのもバッティング能力向上に一役買っていると感じるところではあるかな? このままいくといつの間にか川本家部外者の回の中心人物は晴信になったりする?

 next #5
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示