文豪ストレイドッグス 16話 「文豪ストレイドッグス」 感想!

人を救える人

過去編終幕

 作之助は漱石に救われて、アンドレは作之助に救われて、治も作之助に救われている。だとしたら治は最終的に誰を助けることになるのだろうか?物語として太宰治という人に方向性を固めてきたと思うだけにこれから始まる4年後の物語でも治一色になるのだろうだからこそ最終的には作之助みたいに誰かを救い死ぬことになるのかなと…。

 ポートマフィアによって友人を2人もう失ってしまった治。だからこそポートマフィアを抜けることになり作之助の遺志を継ぐことにもなったのか。作之助の意思を完全に成し遂げた時が治の引きどころでもあるのか。ポートマフィアを潰したところでそれが人を救う人に完全に成り立つのかというのは治自身の問題でもあるか。

 作之助とアンドレの戦いはある種お互いに求めた者でもあるのだろう。こうなると予見しつつもこうなることを選んだ。お互いに最終的に救われることを救うことを望んだ結果ともいえるのではないのだろうか?

 次回 「三社鼎立」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示