Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 4話 「犯人は我聞悠太だ」 感想!

全ての計算式の答えは一つ

キリキリバサラしちゃう?

 総ては犯人我聞悠太に集まるという計算式が学会で発表された。256人のネットワークは伊達ではない。つまりは誰かによって答えありきでその答えに導かせるために計算式を構築しその計算式をバラバラにしたのがここの事件でありそれを構築していくしか総てを解き明かす仕掛けられた答えに行きつく方法はないということである。

 まるで悠太が答えに行きつくことを待っているかのように事件が事件を多い隠す。キリキリバサラしていなかったら確実に薄暗い灰の底から手招きされて回収されていた事だろう。キリキリバサラにすべてが集う不思議な命運は一体誰が引いたのだろうか?まさにオカルティックではあるがこれは偶然なのだろうか? 人との深層心理が全て繋がっているのだとしたら強い我に引っ張られた結果でもあるのかもしれない。

 事件で事件を覆い隠す間にキリキリ追いつめられている遊太をよそに物語は進んでいく。まだまだ点と点でしかないけれども一つのブログを基点として物語はどのように線になるのだろうか?

 次回 「ここが新しい世界なのね」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示