ハイキュー!!  55話 「出会いの化学変化」 感想!

必然で偶然で

勝負は最終セット

 玄人おじさんは何年前からとりのの応援に顔を出しているんだろう?確実に小さな巨人時代は見ているだろうしもしかしたら現役時代に選手としてコートの上に立っていた人かも?そんなおじさんがまさかこんな目立ち方をするとは思っていなかったなでも見てきたからこその重みがある。

 何が起こるかわからないのが勝負の面白さであり残酷さである。鳥野にとって体力勝負なところが出始めてきたけれどももはやそこは勝利への執念によって立っているような状況。でもだからこそ今まで積み重ねてきたものが出てくるようにも感じられる。そこには純粋なものしか出てこない。ある種本当の力強さを感じられるのが終盤なのだろう。

 かつての強豪ではなくなり弱さを知っているからこそ現三年生はここまでの土台を築くことが出来たそのうえで新たなカラスは羽を伸ばすそういった積み重ねの上にいまの鳥野はある。最終節の羽ばたきは何よりも大きなものになってほしいところだ。

 次回 「こだわり」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示