ViVid Strike! 7話 「高町ヴィヴィオ」 感想!

これからを見据える目

因縁の対決?

 リンネは一回ヴィヴィオに負けているとはいえ、再戦的にはシリーズ的なことを合わせて早いのかそれとも順当なところなのだろうか?前作の主人公であるヴィヴィオがここで負けても様々な遺恨が残りそうではあるしリンネがフーカと戦わないままというのも遺恨が残るし難しいところ。

 ヴィヴィオの物語に関して言えばやはり前作で触れたところはちゃんとスルーして描かれたわけではあるがも少しだけフーカとリンエンに関わるところを出していってもよかったかもしれないなぁ。師匠同士の物語だけではなくて。本人同士にも波及するところが欲しかったかなと思う。。ヴィヴィオとしてはリンネとフーカの物語に入っていく時間は足りない様に感じるところではあるかなと。

 さてどちらが勝っても混乱必至のバトルはどのような決着をつけるのだろうか?なんだかんだで袋小路に落ちてしまっているところを感じるがそれを打ち破るような展開というか物語りが提示されて欲しいところではあるか。

 次回 「勝者と敗者」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示