映画 この世界の片隅に 感想!

それでも人は強く生きていく

普遍で普通で、

 ということでバンダイチャンネル先行オンライン試写ということもあって「この世界の片隅に」見ました。実写ドラマにもなっている作品ではありますが劇場映画作品アニメ作品としてはこれが初めてのアニメーション化。制作前のクラウドファンディングも話題になった作品ではあります。そのから1年の時を経ての公開と相成りました。

 戦時下広島に住んでいた一人の少女すずから見た戦時下の日常と広島・呉の風景。穏やかに普遍ではあるけれども少しづつ前に進んでいくことを描いた作品。そこには ファンタジー作品のようなものも恋愛作品のようなものもないけれども、この作品が描き出そうとしているものにはそれらではあまり描き出されないものが描き出されていると感じることが出来る作品であると思う。

 主人公たるすずの幼少期から結婚・終戦までを描き出した作品ではあるし当時の広島の様子を刻々と映し出した作品であり、戦前から戦中終戦に至るまでの日常が描き出されたアニメ作品としては近年ではあまり見出されていない珍しい作品であると感じるところだ。

 その当時の生活風景をみるからこそとても普遍的であり、すずの変わらない生活がその当時のその場所にあった力強さと貧しいながらも生きていくことに対する美しさを出していると感じるところだ。 鈴がちょっと間の抜けた主人公であるからこそ、そこにはよりきれいに世界が見えるような印象も持てるように感じるところだ。

 この小さな世界の片隅で苦しいながらも懸命に生きつつ幸せを感じられる。だけでもこの世界に温かさを感じられる。すずの感じたことがそのままダイレクトにこの作品の表現となりこの作品の力として反映されているそう感じることのできる作品に仕上がっていると思う。

 空襲のシーンが絵具によって水彩画風に表現されるシーンには驚いたけれども、あれもすずの気持ちがダイレクトに反映されているからこそであって幻想や現実味というものを超えたものになっていたと思う。

 世界の片隅で自分が生きていくことが出来るだけでも自分自身を見つけて愛していてくれる人がいるだけでも家族がいるだけでもそこに生きる意味が出てくるそれを感じさせてくれる作品だったと思う。

 今だからこそアニメーション映画として出てきた伊美のある作品に仕上がっていたかなと感じる。戦争を描いたアニメ作品も少なくなってきている訳ではあるし。普遍で普通で描かれた作品だからこそ出せるものがあるし伝えられることがあると感じさせられる作品だったと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示