機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season 31話 「無音の戦争」 感想!

暗中に身を投じ

ここで関島さん担当回か

 シリーズ初参戦ではあるけれどもここで鉄華団の今後に関わる重めの回をやるとは。全体的な脚本参加人数は2期目で変わることになったのかな?順調に歩んできた鉄華団の弁慶の泣き所が浮き彫りになり今まさにアキレス腱が切られようとしている訳だが今回の一件鉄華団に何を残すことになるのだろうか?

 地球支部な疲労困憊。情報の怖さをじわじわと感じさせられるところではある。火星組もここまで連絡が出来なくなったらもっと早く行動するべきではあった訳だが…。地球支部壊滅という最悪のアキレス腱の切られ方をしてしまうのか皮一枚で残るのか・・・いずれにせよ鉄華団は今後の戦略を見直さないとこれからずるずると後退していくことにはなってきそうだ。

 大人たちをいいように扱ってきたからこその怠慢に損害。はもはやのど元までやってきているのかもしれないけれどもこの一件は得た者よりも失ったものが現状だけでも大きなものになってしまった…。

 次回 「友よ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示