ViVid Strike! 6話 「ウインターカップ」 感想!

その拳に乗せるもの

ウインターカップ開幕

 なんだかウインターカップを経ても遺恨しか残らんような気がしてきた。今まで積まれてしまった散りをうまく洗い流す為の材料が不足している感じがしてリンネが誰かに負けたとしても結果的に優勝したとしてもわだかまりを完全になくすってのは不可能であって決別の為の対決にするしかないような気が。

 そういった意味では今回のリンネとフーカの戦いはお互い一緒の道を今まで累てきたもの同士が反目しあう為の儀式。完全に道を分かつための儀式のようにも思えてくる。この作品はなのはやドックデイズの逆算を行く作品だとするのであれば和解まで行くこと無く別れを描き出すのかもしれない。

 格闘路線ということもあってか今までとは違うものを出そうとしている感じも少なからず見えるところではあるかな。最強の矛盾を手に入れた状態のリンエンにヴィヴィオは勝てるのだろうか?

 次回 「高町ヴィヴィオ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示