ViVid Strike! 5話 「ウラカン」 感想!

戦うための覚悟
フーカが戦う理由はこれでいいのだろうか?

 リンネの話がもうちょい続くんじゃよするとはとはいい通も切り替えの為にまたいだのならばもう少し尺があってもよかったかなとは感じるかな?しかしながらゴシップ記事で噂話程度に語られたことを詳細に掴んでいるって恐ろしくない?一体どんなネットワーク使ったんじゃ?って…そこに触れるのは闇に触れることか。

 少人数制で進んでいくと思っていたけらここでゲストキャラクターが登場するとは思っていなかったな。なのはシリーズは抑え目にしたほうが一番いいと思うだけにウインターカップでの対戦相手のこともあるからさらにサブ増やすことにはなるのだろうか?
 フーカがリンネと戦う理由が「あの眼を憎んで」というのはよかったのだろうか?も少しだけエッセンスは欲しかったかな。力を追い求めるあまり4年前のあいつらと同じ畜生道に落ちてしまっているからというところがあってもよかったかも。

 デバイスも手にしたことによって本格的にフーカとリンネの戦いに向けたお膳立てはついたように感じるところではある。これから先闘うまでが長くなるか戦いからその後にフラッグが置かれることになるかどちらかだろうか?

 次回 「ウインターカップ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示