文豪ストレイドッグス 13話 「黒の時代」 感想!

過去に祝杯を

太宰の過去

 ポートマフィア時代の治が描かれたわけだがここにきて過去篇とは。と言いつつも過去篇が終わったらアニメオリジナルノ展開へとシフトすることになるのだろうしそういった意味での区切りという側面はあるのだろうと感じるところではある。というか治が変わったという印象があまりないけれども心の奥底ではやはり違うのだろうか?

 ポートマフィア時代も今の探偵社も死にたがりは変わらない。それゆえにこの過去では何が彼を大きく変えることになるのだろうか?2人の友人の存在は治にとってとても大きかったからこそ話が進んでいくことによって治のポートマフィア時代と探偵社時代との大きな違いを知ってしまうというよりは闇を見てしまうことになるのかもしれない。

 ポートマフィアが暗部らしくないというかこんなにデカいビル持っているのかよ。完全な企業状態だけれども…。ボスもある種変わっていないし・・変わっていないからこそそこには何かがあるということでもあるのだろうか?

 次回 「戻れない場所」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示