機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season 29話 「出世の引き金」 感想!

のし上がり

敵を作っていくお仕事

 周りは現状でも敵ばかりでも飛ぶ鳥を落とす勢いだからこそやっていける面もあるか。ということは鉄華団は下手をこくと敵が一気に増えてマクギリスからも手を切られて完全な四面楚歌になるということでもあるんだよな。着実にその為の土台作りがされているようにも感じるが…。

 宇宙海賊との戦いがこんなにも早く終わってしまうとは。でも敵づくりの一環と考えればこうやって早めに切り上げられるのも納得するところではあるのかもしれない。敵が減ってきて順風満帆であるかのように見せかけて実はそうではない。出た杭は打たれるではないけれどもそれ以上のことが出てきそうな予感。

 今はなんとかしのげているが…それこそハッシュが裏切るような展開が用意されているように感じられて仕方がない鉄華団はというよりミカとオルガが進む道はこれでいいのだろうか?

 次回 「アーブラウ防衛軍発足式典」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示