機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season 28話 「夜明け前の戦い」 感想!

三つ巴

やっぱりわかりやすい仮面の人

 マクギリスが仮面をやめたことによってその後を追うように自らが仮面をかぶる。となるとこれは尻を追っていると言われても不思議ではないところではあったり。マクギリスに復讐を果たすつもりが永遠に背中を追っている構図になっているかのような感じがしてならない。それを指摘されたらそれこそ更なる絶望へと堕ちていってしまいそうだ。

 宇宙海賊・鉄華団・ギャラルホルンの三つ巴の戦い。宇宙海賊との戦いはやはり後々の為に早めに片を付けることになるのだろうか?ギャラルホルンの闇もまだいぶりだしていないわけだし鉄華団としての目標というか三日月の目標は出てきているけれどもそこにたどり着けるとはいかない感じは少なからずするのだが…。

 そういえばオルガは最初期こそ戦闘に出てきていたけれども今では全くでなくなったわけで他の頭たちは続々と戦場に出てきているとこを見ると割合この作品として珍しい人になってしまったように感じる。でも最終的に出ることになるのだろうか?

 次回 「出世の引き金」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示