フリップフラッパーズ 1話 「ピュアインプット」 感想!

お伽の世界に咲く花たち

それはまるでおとぎ話のような

 特に世界の説明とか人物の説明とかそういった説明要素をほぼ排除して、動きや全体演出を主軸にして魅せていく作品?徐々にさまざまなものが明かされていくことになるのだろうか?どちらにせよ博打的な大きな賭けに感じるところではあるかな?これから次第ではあるけれどもどう作品に対する力を感じさせていくのだろうか?

 ED的にすごくお伽話的な作品だなと感じた。さまざまなお伽話の世界の中に入っていてその世界を冒険する。それは子供の頃に夢見たようなお伽話の世界を語って想像するのではなく直接その世界の中に入っていくかのような作品。欠片はその世界に入ったことの証であって気持ちの結晶のような。それが最終的にパピカとココナを最終的に救い出すことになるのかな?

 分からないことばかりではあるけれども逆に言えばどう展開させてもいいってことにもなるかな?このお伽話を詰め合わせた作品の最終的なお伽話はどんな色になるのだろう?

 次回 「ピュアコンバータ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示