Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 13話 「新たなる使命」 感想!

宿命との戯れ

一人ギルガエミヤしてる…。

 最終決戦。主人公なのに実力を全く発揮することを嫌がっていた人たちの本当の実力が明らかになる。おかげで魔神さんがあっさりと次元の彼方に消え寄った。そしたら次元の波左間から続編がやってきてしまった。やはり普段実力を隠している男が何かの事態に実力を発揮すると何かが起こるということなのだろうか。

 凜雪鴉の心の敗北は初めての敗北なのだろうか?その過去を見定めるところまではいかないけれども凜雪鴉にとって蔑天骸に満足して死なれたことはこれから先響いてくるのやもしれない。まあその後あっさりと普段通りになるのも肝が据わっているというかネジ外れているなと。盗賊として名を馳せているだけのことはある。

 殤不患が剣を総べて捨て去るまでの物語がこの物語ということなのか。なんだかんだで一番の食わせ者だったわけだ。自分で災厄を呼び込んでいたわけだしこれからも様々な厄介ごとに巻き込まれてそのたびに周りからひどい扱いを受けることになりそう。剣を捨てられるならば一気に捨て去りそうだから殤不患が本当の意味で実力を出し切る敵ってのはこれから先現れるのかな?

 まさかの続編だったけれども布袋劇を日本に広める作品として十分以上の役割をした作品だった思うし政策が共同チームだからこそ関係が深まる次回がよりやりやすくやりたいことができるようになっているかも。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示