銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 23話 「アーレア・ヤクタ・エスト」 感想!

本能が叫ぶ

レッドイズルさん

 いつの間にかお兄ちゃん呼びがデフォルト化している気がしないでもないがそれだけイズルにとって「家族」という存在が出来たというのがうれしかったのかわかるというところか。血の繋がりを感じたというのも大きいし。これから先ずっとイズルはアサギのことをお兄ちゃんと呼びそうではあるがその分アサギの胃が荒れることにはなりそうだ。

 総力戦というかもはや殲滅戦になりかけている。どちらが先に潰れるのかというところまで来ているだけにスターローズ特攻作戦はある種本当の意味での最終仕様なんだろう。まあどちらかといえば最終的にこれを見越してスターローズを動かしたというところもありそう。 
 テオーリアが出てきたら一部敵が撤退するのであれば早く出てきてよというアマネの叫びある種そうだよななぁと。

 レッド5とイズルの性格が入り混じり完全覚醒したレッドイズルはジアートに勝てるのだろうか?ここまでしないと勝つこともままならいジアートってなんでこんなにも強くなってしまったのかそれだけ生きることに必死なのかもしれないが。

 次回 「宇宙に散る花」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示