銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 22話 「オペレーション・ヘヴンズゲート」 感想!

一点突破

お茶くみ系主人公

 ゲート破壊大作戦実行。人類側の最終目標地点までやってきたはいいけれどもそう簡単にいかないのが実戦である。イズルが出てこないことによって地味にジアート出撃が見送られている形というのも幸か不幸か。最初から出撃していたりしたらマーカー打ち込むことすら不可能に近い状態になっていたかもしれない。

 ブラック6も暴走することなく話を聞いて行動している訳ではあるし今までの戦いに比べると一気にそれぞれの変化が分かる演出になっているのが特徴的だと思う。連携でルティエルを倒すことも出来たわけであって、今まであまりやれてこなかった部分をやりきることによってマーカー射出まで進行することが出来たように感じるところ。

 ゲートを実弾攻撃によって破壊というのは一気に難易度が跳ねあがったかのようだ。一気にピンチに陥ったわけではあるけれども人類に一発逆転のチャンスはあるのか?

 次回 「アーレア・ヤクタ・エスト」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示