映画 デジモンアドベンチャー tri. 第3章 「告白」 感想!

総てが0と1になるとしても

全6章中折り返しの3章目

 ということで3話目の公開となる「映画 デジモンアドベンチャー tri. 第3章 告白」見に行ってきました。全6章の作品ということでついに物語も折り返し地点に突入。今回は物語的には起承転結の「承」の部分のなったように思う。登場人物の現状整理や最初の掘り下げは終わりを告げて物語りの新たな局面に突入した章となっている。 まだまだ物語の真の謎を明かす展開にはなっていないし伏線を再びばら撒いているような感じではあるが…。

 今回はまさにパートナーデジモンの為の回だったと感じるところ。予告でもパタモンがメインで登場してシリアスな雰囲気を醸し出していたわけだがその予告通りに本作品は今までの雰囲気とは変わって、全体的にシリアスな展開となっているのが特徴的でありまたついに人間界から離れてデジタルワールドへと再突入する章である。

 しかしながらあまりにもシリアスな雰囲気が強すぎて本当に「02」をなかったことにしないことが出来るのか心配になってきて不安がどんどん大きくなる感じがしてきてしまって。これに関して言えばそれこそ物語を最後まで見守るしかないわけだしデジモンの世作品世界が複数ある中でのデジタルとアナログの2つの世界が作り出した一つの可能性の世界でしかないわけですからそこまでハードルを上げることなく見守るしかない。

 感染がパートナーデジモンにも広がってもはや危機的状況。デジタルワールドの神がデジタルワールドをリセットしてもメイクーモンは記憶を持って残っているわけですし。リセットされた世界で再び出会ったデジモンとえらばれし子供たち。再び同じような関係を築くことになるのか。それまでに何かしらの大きな壁が立ちはだかるのかどちらになるのだろうか?

 リセットされると告げられた後で覚悟を決めたデジモンたちの姿は見通しているとやっぱり心に来るものがある。感染してしまった後のパタモンだったりテントモンだったり彼らの子供たちへの想いや覚悟はより響く形で演出されていたと思うし強い想いをちゃんと出すことが出来ていたと思う。ずっとさまざまな狭間で戦っているデジモンたちを見ると何とも言えない気持ちにさせられるわけではありまして…。

 リセット時にテントモンが少しだけ感染した他のデジモンたちを元に戻していたのが感染からの完全開放される一つのきっかけとヒントになるだろうか?まだまだメイクーモンが感染源と分かっただけでそのほかは暗中模索の状態が続いているだけにどこかしらに大きな解決へのヒントは提示されていそうではあるのだが。

 太一たち以外の選ばれし子供たちが行方不明という事みたいなのだがこれは最終決戦の時に世界中の選ばれし子どもたちが総出でラスボスをフルボッコにする展開への布石と見てよろしいのかしら?今までも今でもため込んだものがある分ラストぐらいはスヵッとさせてほしいからこの展開は見てみたいところではあるかな?

 大輔は謎の男が変装していたと分かったしデジタルワールドに謎の男と不敵な笑みばかり出してなぜかやっているマキと共にラスボスは定まった訳だけれども彼らの目的は一体何なのだろうか?デジタルワールド屋人間界をどうにかこうにかするだけではないものがありそうではあるのだが…。目的のためとはいえ太一たちとそれなりに上表共有したり親身になったりする姿を見ているとより一層目的が見えてこなくなっている…。

 デジタルワールドに来たことによってより一層たち血たちの関係変化は起こりうるのだろうか?より一層一致団結に近づかなければならないとは思うけれども究極体をそれぞれが手に入れるためには選ばれし子供たちの心が丈みたいに自分自身の壁を乗り越えて晴れ晴れとしなければならないようだしまだまだ彼らの心がトゲトゲになる時もやってくるかな?

 人間界からデジタルワールドへ。物語の舞台を変えたことによって転結への加速が始まったように思う。後は伏線をどののように回収するのかというところにも差し掛かってくると思うし上手く物語を展開させてほしいところ。

 でも事象のサブタイは喪失だしまだまだ太一たちが乗り越えなければならない壁がやってくることになりそう明るい雰囲気というか穏やかな展開や熱い展開は6章ラストぐらいしか見えないことになってしまうのだろうか? 6章行くまでに2017年末か2018年冬までかかりそうだけれども…。

 次章 第四章 「喪失」 2017年2月25日より公開
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示