テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 13話 「災禍の顕主 The Lord of Calamity」 感想!

新たなる旅路


災禍の顕主との出会い

 デゼルはすっかり登場しない声出さないものだとばかり思っていたけれどもラストにしてちゃっかり登場したのには驚いた。男連中は今期ではスっあk理出番らしい出番が少なかったから2期シリーズではちゃんと活躍する出番を貰えるのだろうか?このまま影が薄くてもアニメ的に不思議ではないから怖いところではあったりするわけではあるけれども。

 災禍の顕主との出会い。まさしく人間の闇を煮詰めたような存在でありそれを体現したのかかの存在であるのだろう。それをスレイが打ち払ったとて本当の意味でのこの時代の終焉を迎えることを意味するのかと問われればそうではないようにも感じるところではあったり…。

 それぞれの目的へスレイとアリーシャは離れることにはなったけれども彼らが目指すものは同じ。その先に何が待っていようとも彼らの心が通じ合う限り心が折れ合うことはないだろう。 新たな仲間を加えてのスレイの導師の旅にには何があっているのだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示