マクロスΔ 26話 「永遠のワルキューレ」 感想!

永遠にとどろく歌姫の声

逆説的マクロスの集大成?

 マクロスFが表向きのマクロスの集大成的な作品だとするのであれば、このマクロスΔは裏側のマクロスの物語を纏めた逆説的な集大成作品の様に感じる。歌を通じて解り合えるのかというものを一番押し出していたように感じるしそれが一時的にとはいえ成功しかけたこと。更なる先に行くことはこれからあるのかな?

 これから先の未来で今回の事件が語られるならば「ウィンダミアの争乱」と言ったところだろうか?ウィンダミアだけではなく統合軍、やマクロス小隊など様々な思惑がいり見られ過ぎて最終的に出てきたのがロイドの思惑だったように思う。だからこそロイドの思惑がこの作品の真の狙いという最終決戦という感じもあまりしないところではあったり。思惑がおすぎて誰も思惑を実行することが出来なかったような。

 結局さまざまなことが闇の中に葬られてしまったように感じる。三角関係に決着がついたとしてもそれ以外のことが大きくのこぁつてしまった…それについてはこれからの作品で振られれるのを待つしかないのだろうか…?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示