orange LETTER11 感想!

それでも一つになる

翔も強情だよなぁ。

 まるで綱引きの様にお互いにこっちに引っ張りあっちにひっぱりとお互いの行きたいところに無理やり引っ張っているかのような印象だ。もうすべてをぶちまけても買わないようなそんな印象さえしてくるところではあったりするところでもあるし、もう少しだけ手を繋ぐことは出来ないのかな?

 久しぶりの10年後パートが挿入されたけれどもどちらの世界に行く手筈も残されているように感じるところではあると思う。10年後の手紙の世界にここからいっても不思議ではないし、そういった世界に行くことが無くなっても不可思議ではない。それこそ10年後の車の中に翔がいても不思議ではない。だからこそ持山親感も強くなる。

 菜穂と翔のケンカは最後の為に越えなければならないところでもあるように感じる。お互いに引っ張ってはいけないところを引っ張った時にどうすればいいのか思い悩んだ先には何があるのだろうか?

 次回 LETTER12
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示