Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 11話 「誇り高き命」 感想!

命の天秤

窮地の裏切り

 呉越同舟状態を超えたような裏切りばかりだ。これじゃあ強きものと決して負けた殺無生が素直な人物だったという後世の評価がされると言ってもいいような気が。でも殺無生がそういった最終的に自分のやりたいことをしたのはあえてなんだろうなぁ。並々ならぬ感情を注がれていたのかも。

 結局のところすべてを取り返すには蔑天骸と戦うほかないのだろう。魔人の話が出てきたけれどももしも話が広がることになるのだとしたらそれこそ魔人との戦いになってくるのだろうか? もはや窮地の状態で負け戦が決定しているような追い込まれ方をしてしまったがここから逆転ってどうするのだろうか?

 知略の凜雪鴉、情熱の殤不患、この2人だからこそこの窮地を乗り越える秘策が生まれるのを期待したいところではあるが相手が相手だけに死ぬことを超える覚悟を持たなければ超えられないんだろうな。

 次回 「切れざる刃」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示