PERSONA5 the Animation -THE DAY BREAKERS- 感想!

その心頂きます

P5発売前の特別版

 本編発売前にアニメをやるというのも近年珍しいことではなくなったように感じる。ペルソナは4のアニメ化かを基点として一気にアニメ化されることが増えたなと実感するところでもあったりして。それまではほぼTVアニメの言葉すらあまり見当たらない作品ではあったし。この作品はストーリーとしては独立色が強いけれども見ておくと本編で何かがあるらしい。

 P4・P3のTV・劇場版に関わったスタッフではない新たなスタッフでのペルソナ5 戦闘シーンも様変わりしている感じがひしひしとするところではある。まだまだ演出的に言えば抑え目にしているところもあるだろうから、もしもTVシリーズのアニメとなったらドンあ戦闘演出になるのか気になる。ゲームUIが凝り過ぎていて完全再現できるとは思えないけれどもゲームとアニメの融合というのは見ることが出来そうなかな?

 窃盗団と怪盗弾と探偵。3つの対立というのは本編でも様々なところで見ることがd駅るのかも。探偵と怪盗弾がどのように関わってくるのだろうか? キャラクターを深く見せるというよりは全体的におさわり程度ではある感じではあったのでまさにファンと興味を持ってもらう為前提の作りをした作品ではあるのだろうな。

 P5は顔のペルソナをどう盗む
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示