終末のイゼッタ  1話 「たたかいのはじまり。Der Anfang der Schlacht」 感想!

その叫びは弾丸に

魔女と近代戦争

 国名は変えてあるが近代兵器を見ると第二次世界大戦が舞台になっているんだな。そこに魔女という異物を組み込んだ作品となるみたいだけれども国を救い出すことが目的になるのか?それとも魔女たるイゼッタと皇女たるフィーネの2人だけの物語になるのかどちらに転ぶことになるのだろうか?

 イゼッタとフィーネは幼いころにあっているようだし2人だけでこの戦争を生き延びることが主題となっていくのだろうか?国も追いつめられた状況になっている最中で追跡されて追いつめられてイゼッタも魔女として迫害を受けているようだし・・・このあたりはアンネの日記を下敷きにしているように感じられたわけだがそこだけでは結末が見えてしまいそうだから後1~2個はイゼッタたちの物語の下敷きとして作品に組み込まれているものはありそうだ。

 再会というよりはまだつかみどころのない感じだけれどもいかにしてよりフィーネが王女らしくなるのかというところもあるのだろうな…。現状でも完成されつつあるような気もするけれども成長というよりはお互い依存していくことになるかもしれない。

 次回 「傷痕と、銃声と Mit Narben und Schüssen」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示