ラブライブ!サンシャイン!! 13話 「サンシャイン!!」 感想!

輝きたいんだ

地区大会予選

 までしか行かなかったか。まあいきなり全国ってのもないだろうからなぁ。しかしながら1年生もそれなりに居ながらも一気に説明会すら人がいなくなるってなかなk無いような。それぞれの事情があるのと物語敵に0から1というものを描き出したいからだろうけれども別に数字として表さなくてもとは感じる。

 ミュージカルとしてはそれこそ各校に与えられた歌の前のアピールタイムみたいなものではあるのだろうけれどもそこで振り返るならばもうちょっと違う感じというか映像的なものをアニメ的には出せばよかったかなと感じる。むず痒くくなるというか0と1を出すためにも寄り友好的にこのシーンを使えたのではないのだろうかと感じてしまう所ではある。

 自らの物語を歩みだす前に物語が終えられてしまったようにも感じるところ。0から1に変わる瞬間を出し切ることなく1を得てしまったかのような。もっとさまざまな物語を出して本当にサンシャインとしての物語を出すことが出来たと思うだけに無印の模倣するかのような展開はこの作品にとって致命的になったように思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示