亜人 第3部 「衝撃」 感想!

最後の決戦

3部作の最終章完結編!

 ということで劇場版三部作の最終章にあた「映画 亜人 第3部 衝撃」見に行ってきました。原作はまだ続いているためにTV・劇場版シリーズはオリジナルの展開でラストを迎えることになったわけで、本作は劇場版が先行する形のオリジナル完結編となっています。 2章目はTVシリーズからちょいちょい編集と海斗の物語を追加した形になっていましたが今回は先行という形なので逆にTVシリーズでは物語が追加されることに。 追加されるであろうシーンはなんとなくこの辺り足りないなと感じるところもあったのでその辺りだろうか?パンフによるとそれぞれの心情による形となるようではあるが。

 圭・功と戸崎を加えた新たな対佐藤対策チームと佐藤との最終決戦。原作が三巻までしか出ていないころから企画が始まったそうなのでどちらかといえば3期も出来そうなシリーズの最終的なオチとなっているように思う。 どちらかといえば今までは圭よりも佐藤を中心とした感じで物語が進んだわけだけれども今回は一気に圭に寄って系の心情なり物語の中心としての展開が多くある劇場版だったように思う。

 圭や功そして泉といった佐藤と対立関係にある亜人たちにスポットライトが多く当たったように感じられるところ。功は劇場版の範囲内だと飛び降りもなくちょっと不本意に終わった感じではあるのだが、泉に関しては過去が明かされたり戸崎との関係がより明確になったりとかなり心情に寄った物語になっていたように思う。

 圭としてはどこかしら一歩引いた立場自分自身はあまり関わらないスタンスから一気に主役らしい人物になっていく展開へとなっていったように感じるところ。慧理子襲撃事件からの彼の変わり方はまさに覚醒したかのようでもあった。今までに比べて感情の起伏がより激しさを増したと思うし人間らしさというものがより今回の劇場版では出てきたように感じるところではある。

 劇場版としてというか大まかなあらすじは変わらないからTVシリーズでもそうなるとは思うがイクヤと海斗の出番が存在意義そのものがあまり見いだせてきていなかったのは残念なところではあるかなぁ。海斗はどちらかといえば圭を主人公至らしめるための存在として使われているから圭に決意させるための存在だったのだろうけれども、イクヤはあまり話そのものに大きく本人が関わることがなかったのはちょっと残念。存在そのものは泉と戸崎の関係性を引き立てるために使われてはいたが…。

 3作品目となるだけにCGのクオリティは高く感じられたところだ。路地カーチェイスノシーンとかCGでなければあまり描かれないシーンだろうし、CGだからこそできることをやったところは十分にあるように感じられるところではあるかなと。 影の表現や表情の表現もより豊かになったように感じられるし。

 亜人佐藤の本性が明らかになる章。ブチ切れシーンとか戦闘狂なところとかひた隠しにしてきたものがようやく出てきたように感じられる。しかしながら圭による圧倒的な攻撃を前にしても結局は死なないわけだし結局は脱出されるわけだし本当に意味で倒すには一体どうしたらいいというのだろうか?それこそ金庫の中に閉じ込めて酸素を抜いて永遠に殺し続けるくらいしかないような気がしてくるところではあるのだが。

 物語そのものの落とし方としては佐藤との最初の決戦が幕を閉じた形。本当の意味で圭と佐藤が殺しあわなくてはならなくなる因縁が出来る戦いを描いたように感じられるところ。 戸崎率いる新亜人委員会も含めて新たな戦いが始まるというのが本作までだったので本当の結末はそれこそ原作でという形だろう。
 亜人の本当の意味・佐藤との本当の決着がついた時…その時はまたアニメとして見てみたいところではあるのだが…。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示