機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season 26話 「新しい血」 感想!

血の流れる音

第二シリーズ

 鉄華団の取り巻く状況も変化しクーデリアの取り巻く状況も変化し世界の取り巻く状況も変化した訳ではあるがまだまだ火種はくすぶり続けている。粗単戦いに鉄華団は巻き込まれていくことになるのだろうがこの世界そのものを安定化させるとかやはり描かれないというか諦めることにはなるんだろうな。

 そういった意味では物語の落としどころは鉄華団の最終的な目的が実行させられる・クーデリアの目的が達成させられるところまで描かれることになるのだろう。そこには乗り越えなければならない山場は数多くあるから祖に至るまでに彼らがどう変化していくことになるのかが一番の見どころになるのだろうか?
 
 今回も仮面キャラいるみたいだけれども前回の仮面キャラが分かりやすいというか落ち着いてしまった感もあるしどう物語を振り回すキャラクターに仕上がるのだろうか?と言いつつも一番物語を振り回すのはマクギリスになりそうな感じもするけれども。

 次回 「嫉心の渦中で」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示