Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 10話 「盗賊の矜持」 感想!

信条

盗賊のやり方

 そろそろ殤不患の正体なり内に隠されたものが明らかになって今まで隠していた本気を出してくれるんじゃないかなと思ったらそんなことはなかった。本気出す時がやってこない実力を隠したままで戦うってのも一つまわってよと思うけれどもやはりため込んだからには真の実力を見てみたい。

 ただ好き勝手やらせないための楔としての存在だった殤不患の存在が徐々に大きくなる。ついには同盟を締結するまでに至ったけれどもどちらにせよお互いに警戒心を解くことはないというのは最後の戦いにとってどのような影響を残すのだろうか?裏側では「ボロ」を出さないかの探り合いでもあるから最後まで誰が笑ってもおかしくはいかな?

 そろそろ最終決戦の時も迫ってきた。2人の凜雪鴉はお互いにお互いの任務を遂行することが出来るのだろうか?勝手気ままにヒーロージョーカーも存在するし一歩間違って丹翡がラスボスになってもおかしくはない?

 次回 「誇り高き命」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示