銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 17話 「都市学園防衛戦(前篇)」 感想!

リーダーとしての仕事

地上戦

 漫画版の主人公がセリフモなしにひっそりと2回ほど登場している。サプライズというか繋がっていることを印象付けられる最初で最後のシーンでもあったように思うところ。クレイン徒の戦闘はMJP市場でも激闘として語り継がれる戦いでありこの世界にとっても起点となった戦いの一つではあるのだと思う。

 クレインはモスも暴走することがなかったらちゃんとラマタ捕まえることが出来ていたかもしれないな。それか傷がいえるのを待ってから行動していたら確実に違ったと思われるから…そういった意味では彼らの人間らしさが出ているように感じるシーンでもあると思える。どこか達観しているところから下に降りてきた感じではあるが。

 アサギがようやくイズルをエースとして認めたことによってようやくしこりが取れたかのような感覚が。ようやく埋まらなかったピースが埋まったかのようなチームラビッツとしての連携MAP攻撃までの流れは見事だよなぁ。

 次回 「都市学園防衛戦(後篇)」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示