テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 10話 「疫病の街 The Plagued City」 感想!

魔の坩堝

ミクリオと再会

 ミクリオとエドナの漫才劇は本編の方でみ見てみたかったがどちらかというとギャグ的な要素は次回予告に割り振って本編そのものはシリアステイストで進んでいるのででそういったギャグ要素は排除されているのがちょっと残念なところ。それこそ時折緩急つけてもバチは当たらないだろうが。

 スレイの周りにはそれこそ一気にイベントゴとがミックスされて襲ってきている感が強いな。これも導師たる宿命と言えばそれまでなのだけれども、その猛攻にどこまでスレイ自身が超えることが出来るのかというのも導師として越えなければならないところ。いつかスレイの心が折れかけた時一体誰がスレイを助けてくれるのだろうか?

 ようやくフルメンバー(?)になったわけではあるがまだまだ越えなければならない壁は大きい。このまま進んでも俺たちの戦いは~で終わってしまうがアニメ的にどのようなオチをつけるのだろうか?

 次回 「アリーシャ・ディフダ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示