マクロスΔ 25話 「星の歌い手」 感想!

声が巡る

最後の戦いへ

 ライトがなぜ次元兵器を投下したのかついに真相が明らかになった。ここまで長かったように感じるにはこの事実がもっと早くに明らかになっていたら物語は大きくその根本を掛けることに成功していたからでもあるのだろうと思う。やるせないだけにいかにして戦争を阻止するかが重要になってくるか。

 最後の戦いは三雲との勝負という部分もあるのだろうワルキューレがワルキューレとして星の歌い手である三雲を超えて三雲を連れ戻す。それだけでもこの戦いにとって重要な意味を成すと思うところではあったり。現状を成している大きな歯車が一つでも取り払うことが出来れば物語は終焉することになるかな?

 それにしてもあと1話でどのような決着をつけるのだろうか?残された時間は少ないけれどもやることは多いという悪循環になっているように感じられるわけだが・・。

 次回 「 永遠のワルキューレ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示