ラブライブ!サンシャイン!! 12話 「はばたきのとき」 感想!

前に進む時

自分の道を見つける

 展開的にも物語的にも前作世襲というか模倣していたのは意図して今回をやるためでもあったのだろうと思う。決別を大きく取り上げるためにあえて模倣していたと。ようやく本当の意味での内も外も自分らしい物語が展開されることになるということになるのだろうか?となるとやはり2期ありきの作りだよなぁ。

 個人的にはμ'sとAqoursは最初から違うものだと感じるほかなかったし物語的にも自然と別物に至ることになっていたと思っていたからここで決別を意図として出すのはやはり遅すぎる。こんなにも遅くなるのだとしたらもっと早く決別させるべきだったと思うし最初から模倣としての物語をやるべきではなかったと感じざるおえない。

 ラブライブ本選が差し迫っているけれどもそこに至るのかそれとも至らないのだろうか?自分たちの物語を出さないままで終えるというのもなんだかなぁと感じるところではあるし…。

 次回 「サンシャイン!!」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示