映画 ゼーガペイン Adaptation 感想!

あの夏に忘れたものを取り戻しに
10年目の夏が来る。

 ゼーガペインTVシリーズ放映開始から10年目の夏が終わる。10年目の節目に新作であるこの劇場版の誕生に立ち会えたのは嬉しかったし何よりもまた再びゼーガペインという作品に新たな視点から触れあえるというのはTVシリーズ終了時は予期していなかった訳だしこうして出会えたことは何よりもうれしい。

 10年目の節目の新たなるプロジェクトは正直TVシリーズかなとは思ってたりしたのですがそうは成らずTVシリーズを再構築した総集編となりましたがそれだけではないプロジェクトが動き出しているようではあります。劇場版ラストに示されたnextの意味はまだ不透明だけれどもきっと済み私その全貌をしっかりと見せてくれるはずだ。

 最初この作品はTVシリーズを編集したいわゆる「総集編」の劇場版ということで地味にもやもやした気分に陥ったのが正直なところなのだけれども、情報を追ううちに…いや本予告の公式PVが上がった時に疑問というかこの作品がどんな物語を提示するのか核心に至った。

 この作品は「総集編」や「再構築」を超えたらたな形を提示した作品であると。TVシリーズでは描かれなかった最初にセレブラントとして覚醒したキョウちゃんの物語ではないかと。その予想はドンピシャであってまさしく新作でもあり再構成された作品であり10年間新作を待ちわびたファンの為の映画でもありこれからTVシリーズに入ってくれるご新規さんの物語であると思う。
 最初のキョウちゃんの物語を作ったのはこの作品構造があるからでもあるし、新作カットがそれほど多くないそうではあるがそれを感じさせない作りとなっていたように思う。

 原作では名前だけ登場して語られることのなかった存在であるナツミやトオルと言った存在がどうしてTVシリーズでは名前だけ語られる存在になったのかということもはっきりわかるしセレブラントとガルズオルムとの戦いによって舞浜サーバーがどうなっていってキョウの妹であるミサキが姿が見えなくなったのか等々その顛末をしっかりと確認することが出来る。ゼーガシリーズも作られたばかりの新品状態での出撃となっていて必殺技がない問われたころのゼーガシリーズをまた見ることが出来る。その辺り懐かしさを感じたり。

 キョウちゃんがキョウちゃんに至るまでの物語。10年前のTVシリーズでは回収することが出来なかったものを今ここで回収したものであるかなと感じる。データを失ったことによって生まれ変わったわけだが彼は彼であって変わっているようで変わっていない目新しさと懐かしさを兼ね備えた物語であったかなと思う。

 クラシゲがセレブラントとして実は覚醒していたり(ガルズオルム側に近い人物だったみたいだし)フナベリと合わせてちゃんとガルズオルムとしてのシマの存在を支えたり援助する者の存在を改めて感じさせたように思う。ちゃんとガルズオルムにもシマのような考えを持つ者がいたのだなと。
 ナツミやトオルがちゃんと登場したことによってキョウやリョウコが憧れた存在として語られた人がどんな人だったのか明らかになったはよかったように思うし、この2人を見ていると憧れとしてはキョウもリョウコも自分に持っていないものを持っている存在に憧れたのだなと新たな2人の一面を見たような気がした。
 ルーパは唯一のAIとしての新キャラクターでありなぜが街頭画面で踊っていたり。そんなキャラクター性を持つ人物だからかそこまで出番が多くなくて本編に傷跡を残せた訳ではないのが残念ではあるが。

 新規シーンカットは少ないらしいがそれを感じさせない作りとなっていたように思う。キャラクターも10年の月日を経ていろいろと変わるかと思いきや新規カットと既存シーンの違和感というのはあまり感じなかったかな?ここ新規だなとは分かるのだけれども上手くする合わせは小野綯われているように感じる。

 TVシリーズ26話の「総集編」というのは無理な話だけれども、もう一人のセレブラントとして覚醒したばかりのキョウちゃんの物語ならばと上手く総集編と新作を融合させた新ジャンルの作品再構築に留まらないものになって本編へバトンが渡されて本編からもバトンが渡された作品であった。
 完全新作という構想もあったそうだが最後に示されたnextエンタングルの文字がTVシリーズを示すのかそれとも次なる新作プロジェクトを示すのかは分からない。

 だがゼーガペインは10年続いたプロジェクトである作品だからこそこれから先20年30年と続く語り継がれるプロジェクトになっていってくることを期待したい。

 TVシリーズ26話
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示