バッテリー 9話 「バックホーム」 感想!

亀裂の破裂

全力投球

 巧と豪のバッテリーとしての関係性は兎も角として巧のピッチャーとしての力は思った以上に成長してきているようだ。再戦時にはもっと豪が驚く以上に成長しているかもしれない。それがンバッテリーとして豪と出会ったからなのか普通に巧が力強くなってきているからなのか今は何ともいえないところではある。

 巧と豪が衝突したように秀吾と俊二が衝突した。ある種巧と豪の存在は周囲に嵐を呼ぶバッテリーなのかもしれない。本人たちも自分たちの起こす風に振り回されてしまっているのは何とも言えないところではあるのだけれども。しかしながらこのまま順風満帆に再試合とはならないんだろうしまだまだ嵐が吹き荒れそうだ。

 棘同士をぶつけ合うハリネズミのように皆自分たちの棘を誰かにぶつけている。そうする事でしか気持ちを確認することができないというわけではない傷つけた後どうしていくのかまだ岐路に立たされているのだろう。

 次回 「その日を再び」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示