クオリディア・コード 10話 「福音のフォークロア」 感想!

神々の子の声が響く

アンノウン絶対殺す砲と殺すマンが登場とか。

 というか逆に夜羽って「絶望」じゃね?中盤までアンノウンはいないような感じもあったけれどもちゃんと実在生物?だったんだな。どれくらいの戦力を現状有姿ているのかわからないけれども結果的なことを言えば最終防衛ラインが三国ラインという感じでもあるのかな?ここから男の浪漫使って侵入してきたようだし。

 霞と明日葉の母親のキャラクター濃すぎだろ。アンノウンに育てられてしまった2人ではあるが、夜羽にきっちり育てられていたらどのような成長を遂げていたのか気になるのだが。何気に人類側掌握しているような母親だし今よりもぶっ飛んだ霞と壱弥のやり取りを見ることが出来たかもしれないな。

 アンノウンとの決戦。元大人たちは何もせずにやられゆくのだろうか?青生がやはりついていくような感じだしどちらに取っても苦いものを残す人類の奪還作戦になりそうだ。

 次回 「双極のファミリア」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示