マクロスΔ 24話 「絶命 ジャッジメント」 感想!

最後のその時まで

三雲はやっぱりラスボスに?

 ウィンダミアとの戦いをうまく決着つけることが出来るのだろうか?ドラマ的にうまくおえないとなんだか引きずられたというか消化不良のような感覚が強くなるだろうし、どうするのだろうか?それこそ劇場版というところに完結編を持っていっているというウルトラCも十分あり得るけれども。

 マキナが瀕死の状態になって三雲は捕らわれたままだしこのままワルキューレはワルキューレではなくなってしまうのだろうか?構成の歴史にワルキューレの名を残すには力不足のままになってしまうからこそ最後の最後で復活劇をやってもおかしくはないと思う。しかしながら一般民衆からすると輝いたまま消えるようにも見えるかな?

 ウィンダミア侵攻作戦は結局大きな成果を上げることが出来ずに終わってしまった感じ。謎の残されたままになっている訳だしそろそろ最後の戦いが近づいてきているがどうなるか?

 次回 「星の歌い手」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示