機動戦士ガンダムUC RE:0096 22話 「帰還」 感想!

帰る場所へ

ミネバの声

 サイコミュが最強すぎる問題が発生しているように感じるけれどもバンシィとユニコーンはこの戦いが終わり束の間の平穏が訪れた時どうなったのだろうか?それこそ後世の歴史には語られていないところもあるからそれは完全に闇の中だろうし、バナージたちの手によって封印されたのかもしれない。

 ミネバの声が世界に新たな声をもたらす。この声から新たな始まりが生まれるわけではあるけれどもそれでも乗り越えなければならないものは多いというか多すぎる。その先に希望があると信じて踏み出すからには希望を失ってはならない。それがもたらされた声の為でもあるのだろうと。

 しあkしながら最初の100秒でわかるは尺調整の意味合いが強い員だろうな。語りきれていなかったしあのスピードですべてを総ざらいするならばあと100秒はやっぱり必要になってくるかな?ガンダムの歴史すべてをやるならどれくらいの時間を要するだろうか?それくらい歴史は長く重い。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示