91Days 9話 「黒ずんだ野望」 感想!

埃を被り、誇りを失う

ついに手紙の差出人が…

 ファンゴファミリーがヴァネッティ・ファミリーに吸収されてネロの元に一大勢力が築かれることになったわけではあるが、復習が果たされた時この一大勢力がどうなるのかが気になる。禁酒法崩壊と共にファミリーも崩れ去ってしまうのかそれとも別の礎を使ってふっ旅再興を果たすのだろうか?

 ガンゾがアヴィリオに手紙を出した人物だったか。その狙いが気になるところではあるけれどもアヴィリオの父と交流があった以上の理由があるのだろうか?思えばガンゾの登場シーンは三顧の幹部の中でも多かったのでその辺りがアヴィリオに手紙を出した人物という示唆でもあるのだろう。

 コルテオの一件からアヴィリオの精神的立場が危ぶまれているように感じる。アヴィリオから対するコルテオ態度が無感情に近いものがあるからなぁ。ここから疑われて窮地に追い込まれることになるのだろうか?

 next #10
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示