Rewrite 11話 「カウントダウン」 感想!

その声を聴くまでは

缶ヒーコーは世界を救う

 ガイヤとガーディアンの最終目的やその思想の違い篝に対する対処の違いが改めて説明されたことによって最終決戦もより強まってきたように感じるところ。ミドウの暴走がようやく集まり始めたオカ研のメンバーを再び切り離してしまうことになるのか。それとも篝が世界を人間を切り離すのか。

 現状介入を受けなければ缶ヒーコーの力で篝は人間を残す道を選んでくれそうという超楽観的な考えも出来るけれども、現実的なことを考えればそう簡単にはいかないだろうな。でもオカ研というその存在は篝や世界そのものに強い影響を与え始めているのは確かだろう。中身そのものが入れ替わろうとしている朱音にも…。

 楽しい空間は終わりを告げる。ミドウによって安息は終わりを告げた訳だがこの世界に救いを授けるものは一体誰になるのか。この世界を楽しい空間を願うものは多いのかそれとも少ないか。

 next #12
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示