甘々と稲妻 9話 「うちのおうちカレー」 感想!

おうちの味が一番

シンプルis奥深い

 おうちのカレーってなんで何なにも各家庭によって味の違いが大きく出てくるのだろうか?シンプルかつベストな感じで作りやすいからこそ奥深い少しの手順の違い入れるものの違いルーの違いによって千差万別の味の違いを出してくる。だからこそ思い出の味は自分の家の味だったりするわけで。

 つぐみはいつか台所に1人で立てるようになったとき公平はそれだけで泣いちゃいそうな感じがしてくるなぁ。料理人になるというところまではいかないけれどもきっと味を引きついていってくれる存在にはなってくれるだろうし、つぐみ自身それを大切にしていってくれそうなんだよな。そうしてさらに次の世代にもその味を引き継いでいってくれるだろうと思える。

 忘れられない我が家の味。まだまだ甘えん坊なところはあるけれどもだからこそ母親の味をずっと覚えていてくれると思うし強く大切にしてくれると思う。家の料理には誰しもが思い出になるものを持っているそれが詰まっているからこそ大切な宝物となるのだろう。

 次回 「夏休みとねことアジ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示