Rewrite 10話 「ただ、友として」 感想!

幾つ懺悔したとしても

三つ子の契約100まで

 腕によりをかけたヒーコーVS55円缶ヒーコー。地味に咲夜に一番ダメ―ジを与えることが出来たのが篝の味覚とは…この味覚を矯正するのはするのは無理そうだな。さすれば篝の味覚が史上最強となりこの世界に篝ちゃんありとなりこの世界が篝に握られていることの証明になる…のかもしれない。

 あの時に戻ってやり直したいんだ。瑚太朗たちが目指す「平穏」が一体何なのかというのを再度出して決意表明させた形になるかな。目的は一緒だけれどもそこに至る道は大きく違う。そこに至る道は違えども結果にたどり着けるのだろうかひとえにやり直すと言っても結果が違えばその意味は無くなる。 動き出した2つの目的はもはや小さな結果などどうでもいいのかもしれない。

 世界の運命に偶然に巻き込まれた少年たちがそれを願っても世界や大人たちはそれを赦してもくれない。だとしたら少年たちはどこに向かえばいいのだろうか?もはやだれもいない小さなコミュニティの世界でひきこもるしかすべはないのかもしれない。

 next #11
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示