ベルセルク 9話 「亡者の血流」 感想!

聖者なる所以

モズグス様は天使

 キャスカ救出戦も終盤。ようやく断罪の塔に捕らわれていたキャスカを見つけ出したけれどもその身がモズグスの手の中という。火を吐いても、天使の羽を持ってしてもモズグスさまはモズグス様というのはある種その信念の強さを感じさせるところではある。しかしながら誰が糸を引いてモズグスをあのような姿に…。

 いつの間にかパックの姿が見えまくりの状態になっている。でも栗パックと通常パックの切り替えは人間には不可能。というか信仰の対象に近づけば近づくほどにパックを見るものが増えるというのもこの世界の一端を表しているかのようだ。そのうちパックがいることに対して不思議がる人もいなくなるのかもしれない。

 ようやく再開した訳だけれども全員で断罪の塔を出るのはそう簡単にはいかない。それだけにガッツの踏ん張りがこの戦いの運命そのものを総べて決めることになるのだろう。

 次回 「ヘルス・エンジェルス」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示