Re:ゼロから始める異世界生活 25話 「ただそれだけの物語」 感想!

僕が存在する理由

タタリ神かな?

 ペテルギウスのあの姿を見るとどう見てもタタリ神にしか見えなかった。でもこれだけ復活とか遂げている存在を見てしまうと消え去ってもなお復活してきそうな気がして気が休まらなくなってくるんだよなぁ。本当に散りとなってくれたのかすらある種をそれを確認するすべがないわけであって…。

 エミリアが全てに繋がりすべてを道を作っている存在なのだと改めて感じる瞬間でもある。エミリアがいたからこそスバルは今こす手エミリアの元にいる。エミリアがいたからこそ魔女教は動き出した、エミリアがいたからこそスバルは死に戻りの力を得てしまった。エミリアがいたからこそスバルはこの瞬間幸せを感じ取れた。総てはエミリアに始まりエミリアに終わる。それはこの作品の本当の最初から最後まで変わらないだろうと思う。

 エミリアがいなければスバルは本当にどうなってしまっていただろうか?この物語を本当に終える時エミリアとスバルは大きな変貌を遂げることになってしまっているのかもしれない。この2人にとって一瞬の幸せは儚く散り長い苦しみこそが本当の時間ではあるのかも…。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示