アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd 18話 「逆襲のルドラ」 感想!

それでも声を上げて

シン・ルドラ回

 1期の時には舩坂さん回として巨大ロボット回があったわけではあるが、今回は特撮怪獣回シン・ゴジラと意図して重ね合わせた部分も少なからずあるかもしれないが担当回として颯一郎回になるとは思っていなかったな。またてっきり船坂回だとばかり思っていたわけではあるが。

 司稀と戦う理由がそれぞれに着実に出来始めている訳ではあるが司稀と対峙した時その思いがどのようにぶつけられることになるのだろうか?一つ一つが総てに通じている意味のないことなどないわけなのだから。猛がより司稀と戦う理由が出来るのか気になるが過去の事や次郎(仮)のこともあるしあるとするならばすべてを掛けた戦いになるのかもしれない。颯一郎の貸しの一件も本当に後で高くつきそうだし・・。

 1期の巨大ロボ・怒龍號の一件といい今回のルドラの一件といいやはり失われかけてしまったジャンルに対しての思いが詰まっているように感じられるところ。あのころの思いを誰しもが忘れてしまったわけではないし注ぎ込まれて情熱を忘れてはいけない。それを受け継げるのかは分からないけれども文化や人々の想いとして忘れてはいけないことってたくさんある。

 次回 「絶対ピーピング宣言」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示