クオリディア・コード 6話 「救世のメモリア」 感想!

誰も見ることがない夢

ある一つの仮説ってなんだろう?

 アンノウンはやはり「進化」しているみたいだな。徐々に戦略・戦術それに伴う身体強化をしていたし、前々回・前回から捕獲型を使って人類捕獲して戦力の削ぎ落しと子供たちの力の研究を行なう。それを研究して投入されたのが現時点での最新型である人型アンノウンであろう。 CM告知である一つの仮説が気になるがアンノウンに関することだろうしやはり人間…は安直だけれどもあり得そうではある。

 各都市のヒロインから居なくなりそうな感じなんだが…。各都市主人公がヒロインとなるというかだけで戦うってのもありかもしれない。舞姫の力が解析されてしまったらそれこそ人類側に立ち討つ力が無くなりそうではあるんだけれどもね。各都市前日譚の作品タイトルを回収していたのがすごく怖いところだったりして。神奈川以外地球救う気ねータイトルしてるしそれを踏まえての変化が描かれることになるのだろうか?

 人間側の秘策が気になるが40分ほどで何が行えるのだろう? 愛離・求得コンビは子供たちを大切に思いつつも子供たちに対して何か隠している節がまだまだ見受けられるし、裏切りが本当にあるとしたら子供たちは何を目指して何を守る為に敵と戦えばいいのだろう?

 次回 「救済のパラノイア」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示