クオリディア・コード 5話 「小公女のレガリア」 感想!

少女は声を上げて悲しみを消す

神奈川回

 対にラストアタッカー専門国神奈川回であり橘さんが脚本でようやく3人3国全員にお鉢が巡ってきた形に。普段ノベルでは出来ないNGを喰らいやすそうなイメージのある展開を中心に添えつつそれを踏まえた王どうやって伏線を積んだ回であったように感じるところ。3国3人常時ツンデレ状態の展開になっている気がするがここから本当に1つになれるのだろうか?

 カナリアが本当にいなくなってしまったことによって壱弥が堕ちてしまったけれどもそこが中心になるのではないところが3国作品としてらしさを感じる。壱弥がいないうちに東京が属国化している気もしないでもないが壱弥は戻ってこれるのだろうか?このまま永遠に堕ち続けるというのもありではあるのだが。やっぱり舞姫が壱弥のことを一発ぶん殴れば早めの回復できたかもしれないなぁ。そういった意味ではやさしさが毒になっているとも思える。

 ブラックな大人たちは一体何を隠しているのだろうか?こと歳台によっては全てをひっくり返すことも出来るだろうとも思えるし。アンノウンの形(捕獲型っぽいの)を見るとカナリアたちは生きているようにも見える。子供たちが総てを知った時大人になる道を選ぶのかそれとも子供のままでいるのかどっちだろう?

 次回 「救世のメモリア」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示