orange LETTER05 感想!

心を救う

男たちが動き出してきた。

 今まで一人っきりで戦ってきたともいえる菜穂ではあるがここから世界が広がるというか友人たちへの物語へと広がっていくようだ。今まで周りを描写してきた意味合いをより強めた展開になってきたという部分と10年後への帰結を目指すというかそちらにもいける物語への線を見出しているようにも感じる。

 今まで大きく取りざたされることはなかった感じというかあくまで脇役に徹してきた感じのする弘人と朔。特に弘人は前に出てきそうで出てくるところをあえて引いていた印象ではあったけれども、今回のことをきっかけとしてより前へと出てくるように感じられるところだ。自分の秘めた思いをここまで殺していた理由もより明確になってくるのだろう。

 一個人の物語から仲間の物語への変化。一人でできないことを5人でやる。5人の物語になったら6人の物語へ。広がった物語の先に明るい未来はあるのだろうか?

 next LETTER06
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示