銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 10話 「狩るもの、狩られるもの」 感想!

狩人の微笑み

ウルガルテイスト

 テオーリアとチームラビッツが出会ったとほぼ同時に動き出したウルガル陣営。割合ウルガル陣営のキャラクターを一癖も二癖も強くしているのは宇宙に散らばった種族の大元になったからというところもあるのだろうな。性格的な側面で大本であることを示したのだろう。延命もしているだろうからよりその濃度も濃くなっていくと。

 テオーリアとイズルの不思議な繋がり。タマキは致し方ないとしてイズルはテオーリアに一体何を思い抱いたのだろうか?それは炎上のイズルでは説明することすら叶わないかもしれないが…。この辺りにジュルアイシステムに対応する力を持っているかどうかの資質が現れているようにも感じられるところだ。

 ジアートは一体何を考える。しかしながらイズルを狩った後イズルをどうするのか気になるところではある。そのものを取り込むのかDNAだけ頂いていくのか。それぞれの運命の相手というのもその姿を見てみたいが。

 次回 「オペレーション・アレス」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示